20代後半~30代で、チェスターコートの似合う男性にはドキッとする

メンズチェスターコートメンズの冬ファッションには、定番のコートが欠かせませんが、やっぱり流行を選ばないチェスターコートの似合う男性にはドキッとしてしまいます

インナーとの組み合わせで、カジュアルにもフォーマルな冬コーデにもなるので、一枚でいろんなかっこよさを演出できるところがステキです。

寒くなって来たら、チェスターコートに、シャツやダウンの重ね着をさりげなくしたりするのもいいですね。

薄手のものを二枚重ねると、中側の色がチラッとアクセントになってセンスの良さを感じます。

一方、「あ、これはちょっとやめてほしいな」というスタイルは、厚手のセーターにダウンジャケットで着膨れ状態になっているところに、ブランド物のマフラーやストールをグルグル巻きにすること。

ダウンジャケットのようなボリューム感あるジャケットには薄手のセーターを着てほしいし、寒いのであればヒートテックのようなインナーもあるわけですから、できれば着膨れしないように工夫してほしいです。

ブランド物のマフラーやストールは、グルグル巻きにしてしまうと、せっかくの高級感やデザインがもったいないことになってしまいますしね。

一昔前の「バブリーなおじさん」に見えてしまうと、ポイントが下がります。

いずれにせよ、男性のファッションに大切なのは「さりげないお洒落」だと思います。

冬服のアウターは、ブルゾンっていう選択肢もアリだとは思いますが、私の場合、基本的に「きれいめファッション」が好きのなので、20代後半~30代の大人の男性には、やっぱり、すっきりしたテーラードコートを着て欲しいですね。

カジュアルな冬コーデにしたいなら、インナーのニットの上に、コートの色と合わせたGジャンなんかを羽織って着崩したりするのも、かわいくて面白いんじゃないかと思います。

(30代女性 ともか)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。